スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2015.04.06 Monday | category:-
| スポンサードリンク | | - | - |
Entry: main  << >>
FLESH&BLOOD 4(原作:松岡なつき)

宝の持ち腐れにするのはやめようと思います。聞くぞ…!7巻以降も第3期として発売決定したことだし。

東郷海斗 福山潤
ジェフリー・ロックフォード 諏訪部順一
ナイジェル・グラハム 小西克幸
ビセンテ・デ・サンティリャーナ 大川透
クリストファー・マーロウ 三木眞一郎
ウィリアム・シェイクスピア 遠近孝一
フランシス・ドレイク 堀内賢雄
レオナルド・バレーラ 宮田幸季

フレブラのドラマCD4巻。キャストの皆さんの安定感が半端ない。この巻から登場するキット役が三木眞一郎。ぶっちゃけこのシリーズがドラマCD化する前、私はジェフリーを三木さんの声で読んでいた。ドラマCD化が発表されてジェフリーが諏訪部さんだと知った時は「外国人だからって諏訪部持ってくるなよおおおおおおお」と嘆いたことを今でも覚えている。実際聞いてみたら諏訪部さんでも全然問題なかった(寧ろ良かった)ので今は反省している。ついでなので言っておくと海斗は櫻井さんで、ビセンテは森川さんに違いない、と勝手に思い描いていた。現実は自分が思っていたキャストとは全く違ったわけだが、今となってはこのキャストで良かったと思っている。


ロンドン宮廷編が始まる4巻は2枚組でボリュームたっぷり、原作に忠実。ここまで丁寧に描いてくれたら文句の付け所がない。エリザベス女王の高慢ちきな声がぴったり。主要キャストだけじゃなくて脇を固める方々も配役が良いので声でがっかりさせられることがない。1枚目冒頭はビセンテの出番が多くて、その後はカイトが台詞もモノローグも多いので福山さん大変。互いに嫉妬し合うジェフリーとカイトの場面が良かった。軽そうで飄々とした雰囲気のキットも良い。

とっても長い4巻の中で一番の聴き所は、やっぱり、海斗の歌……(あらゆる意味において)。歌うシーンを省ければ良かったけど、そうもいかないわけで。でも、よりにもよってアカペラ…。2枚目のラスト近くに歌うシーンがあるので、最後の最後に爆弾落とされた。がんばれカイト。がんばれ福山。

2009.06.28 Sunday | category:ドラマCD
| りんこ | 22:39 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
2015.04.06 Monday | category:-
| スポンサードリンク | 22:39 | - | - |
Comment








Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

Web拍手

Latest Entry

Category

Archives

Recommend

Recommend

O
O (JUGEMレビュー »)
Cirque Du Soleil

Counter

Twitter @n_rinco

Search

Profile

Comment

Trackback

Link

Feed

Others

Mobile

qrcode

Sponsored Links